Elasticsearchのミニセミナー「ソーシャルディスタンス」解除後Relipaでの活動再開

post detail img 1

5月26日は、D2の開発者であるNguyen Khac ThienさんによるElasticsearch検索ツールの紹介により、Relipaで「ソーシャルディスタンス」解除後の活動の復活を迎えました。


Elasticsearchとは?


ElasticsearchはLuceneベースの検索エンジンであり、HTTP WebインターフェイスとスキーマフリーのJSONドキュメントを備えた分散型マルチタスクが可能な包括的な全文検索エンジンです。


つまり、Elasticsearchは、Javaで開発された独立したオープンソースのデータベースサーバーです。 基本的に、このツールはテキストの検索と分析(全文検索)に使用されます。 Elasticsearchは、さまざまなソースから非構造化データを取得し、言語ベースの検索用に高度に最適化された複雑な形式で保存します。



Elasticsearchユーザーは通常、このツールをWebまたはアプリケーション関連のプロジェクトに統合する開発者です。


Elasticsearchは他の検索エンジンとどう違うのですか?


ElasticsearchをSolrなどの他の検索エンジンと比較すると、次のような共通点と相違点が見られます。


共通点について、まずElasticsearchとSolrはどちらもApache Luceneに基づく非常に強い検索エンジンです。次に、ElasticsearchとSolrはどちらも無料で、大規模なサポートコミュニティがあります。


ElasticsearchとSolrの違いについては、次のようなハイライトに言及できます。Elasticsearchは、Solrよりも優れたスケーラビリティーとインデックス付けを備えています。つまり、絶えず変化し、継続的に追加され、需要を満たすためにモデルを拡張する必要があるデータの場合、Elasticsearchの方が優れています。次に、ElasticsearchはJSONデータ、非常に人気のあるデータ型、のサポートを改善し、SolrはXML形式のデータをより適切にサポートします。さらに、検索だけでなくElasticsearchも、ユーザーデータの分析に役立つElastic Stackを作成することにより、ログ分析データをサポートします。最後に、Elasticsearchでのインデックス付けは、Solrのようにグローバルキャッシュではなく複数の部分に分割されているため、Solrを使用するとはるかに高速になります。


したがって、プロジェクトに応じて開発者は統合する検索エンジンを選択する必要があります。



Thienは、別の検索エンジンの代わりにElasticsearchを紹介する理由についてこう話しました。


「Elasticsearchを選択した理由は、最初に、他のツールと比較して完全に無料であるためです。さらに、Elasticsearchのサポートおよび開発コミュニティはより幅広いです。このツールで最も印象的なのは、他の多くのツールではできないファジー検索です。また、検索パフォーマンスも非常に高速であり、他の全文検索エンジンに劣らないとコミュニティーに評価されています。」



Elasticsearchに関するミニセミナーはD2メンバーの参加を得て、会議室で行われました。D2のコミュニケーターであるNguyen Thi Kim Linhさんはこのミニセミナーについて次のように述べました


「ITについてはある程度だけ理解していますが、Thienさんは非常に簡潔に説明してくれたので、ようやくElasticsearchの仕組みを理解できました。以前は、Googleしか知りませんでしたが、Thienさんの共有で別の便利な検索エンジンについて学びました。」


このミニセミナーを通じて、Thienさんはすべての人、特に開発者がこの検索エンジンをよく理解し、使用できることを望んでいます。


このように、Relipaで「社会的距離」解除後のミニセミナーはスムーズに行われました。


Relipaでは、レベルアップと社員育成のためのセミナーも増え、有用な知識を共有するメンバーも増えると期待しています。Relipaをフォローして、さらに役立つ情報を更新していきましょう!

Related News