日本はITエンジニア不足についてどう解決するべきか? オフショア開発を検討しよう

post detail img 1

今現在、日本ではITエンジニアが不足している現状が有り、これから競争が激しくなるグローバル市場において、取り残されてしまう可能性が大きくなっています。
また、こうした人材不足の課題から、あなたの会社や部署においても「エンジニアが欲しいけど、どうしても採用できない。」という悩みが多発しているのではないでしょうか。

そこで今回は、日本のITエンジニア不足の現状と、それを解決するための有効的な手段の一つである、オフショア開発について、そのメリットや獲得できるITエンジニア人材の有用性をお伝えしたいと思います。
これを読むことで、今日本の企業の多くが抱える課題を解決する糸口が見つかるはずですよ!

日本のITエンジニア不足の現状

日本では、「IT人材」が足りないということが数年前から問題となっており、その中でもITエンジニアの頭数は、多くの企業の中で不足しているという現状があります。
経済産業省の2016年のデータでは、およそ17.1万人のIT人材が不足しているというデータが発表されている他、2030年において不足する人材は78.9万人に達しているという予測まで立っているのです。

こうした人材不足、特にエンジニアの人材不足に関して、原因となる一つ目の要因は、単純な人口減少、特に生産年齢人口の減少と言えるでしょう。若い世代の労働供給力がどんどん減っている今では、エンジニアになろうとする人材もどんどん減っている現状があるのです。
また、世界各国に比べて情報系の教育に重点があまり置かれていないという点も、日本でITエンジニアが不足してしまう原因の一つと言えるかもしれません。教育の現場から、優秀な若手層のエンジニアを育成していかなければ、企業で必要なエンジニアに対して、その供給が追いつかなくなってしまうのです。

東南アジアの豊富な人材・労働力

では、以上のような課題に対して、解決策はどこにあるのでしょうか。その考えられる選択肢の一つは、「オフショア開発」です。

オフショア開発では、東南アジアなどを中心とした、様々な国で働くITエンジニアの方々に対して発注をかけて、ITシステムやアプリなどの開発業務を行うことができます。
特に魅力的な点といえば、豊富かつ優れた人材を高いコストパフォーマンスで雇えるという部分でしょう。
日本では労働力が足りなくなっている上に、ITエンジニアの数も少なくなっているので、その分希少価値が高まり、人件費や開発費も高騰してしまいがちですが、海外の国ではまだそのような状況になっていないのです。

また特に、東南アジア地域では今、数十年前の日本のような人口増加と経済発展が進んでおり、若い労働力の供給が非常に盛んとなっています。
したがって、日本のようなエンジニア不足に悩むことなく、逆に豊富なITエンジニアを活かして、先進国から依頼される多くの開発業務をこなしていくことが出来るのです。

IT教育とエンジニアの質も向上している

しかし、このような国々にITシステムやプロダクト、アプリの開発を依頼しようとする際には、「本当にクオリティが担保されるのか」心配になる方も多いかもしれません。
確かに、以前まではエンジニアの数は多くても、なかなか優秀なエンジニアを見つけることは難しく、そのアウトプットの質も、一定の水準を越えるためには少しハードルが高い部分もありました。

一方で近年では、中国はもちろん東南アジア諸国においても、政府と企業が一体となって国のITリテラシーおよびIT人材の育成に取り組んでおり、情報系の大学のクオリティも年々上がってきています。
その中で、国のITエンジニアの質も高まり、日本と比べても引けを取らないほど優秀なエンジニアが多く働いているのです。
したがって、オフショア開発を検討する際にも、完成品の質に関する悩み事は無くなって、安心して日本国内のエンジニア不足を解消するソリューションとして、計画を立てることが出来るでしょう。

日本国内でエンジニアを見つけられないなら、オフショア開発を検討しよう!

以上のような状況を見ていると、人口が減少するという避けられない日本の労働力の課題に対して、オフショア開発という解決策が非常に有効であるということが言えるのではないでしょうか。またその中でも、しっかりとした実績と技術がある開発企業を選んで、発注をかけることが大切かもしれませんね。

もし、「日本で良いITエンジニアを採用することが難しい!」、「社内のITエンジニアだけでは、どうしても業務が回らない!」というようなお悩みを抱えている企業の方がいらっしゃいましたら、ぜひオフショア開発の検討と計画をお考えくださいね!

べトマムのオフショア開発視察、システム開発に関するご質問、
お仕事のご相談、お見積の依頼など、お気経にお間に合わせください。

お間に合わせ

関連記事