2022.06.23

初めてのオフショア開発は大成功!レリパは成長に欠かせない絶好のパートナー!

Contents

今回は、レリパがソフト開発に協力させていただいた株式会社ウッドペッカー(横浜市西区)の取締役 加藤悟史氏に、開発に関するエピソードやレリパとの仕事についての感想、今後期待することなどについてインタビューをお願いしました。

株式会社ウッドペッカーは、1997年に設立されたシステムコンサルティンや受託ソフトウェア開発、ビジネスアプリケーションなどを中心に手掛けています。加藤氏自身はもともとシステムエンジニアで、ソフトの開発によって、より世の中に貢献したいとの思いからウッドペッカーの立ち上げに参加されました。

この度、レリパは、ウッドペッカー様よりご依頼いただいた、「JFG(ジャパンフラワーグループ株式会社/東京都中央区)のECモール」および「ドリームコンパスサイト」の開発を無事終了致しました。これを受けて、初めて経験されたオフショア開発の感想やレリパの仕事ぶりなどについて、直接お話を伺いました。

コロナ禍で売り上げは増加!レリパは心強いパートナー

最近の様子についてお聞かせ願えますか?

はい。コロナ禍になってから売り上げは上がっています。レリパのトゥエンさんと一緒に行っている交流会を通じての営業(で受注したり)で受注できました。

弊社は開発の案件が取れそうなときに、人手が足りないところをレリパさんに助けてもらったお蔭で、開発の案件が取れたことが結構大きいかなぁと思っています。なので、非常に助かっています!ありがとうございます!

今回は、レリパにJFG(ジャパンフラワーグループ株式会社/東京都中央区)のECモールアプリ開発とドリームコンパスの案件をお任せいただき、誠にありがとうございました。これらの開発背景について具体的にお聞かせください。

はい。まずJFGの案件ですが・・・JFGさんは、お花屋さんです。お花屋さんといっても結構規模が大きいのですが、花卉(かき)業界では大きな問題があって、それが「フラワーロス」です。

お花はナマモノなので、捨てられる花がいっぱいあります。とくにコロナ禍になって、人の行き来もなくなり、お花が結構余ってしまっているというのが、社会問題化しています。いわば「フードロス問題」と同じことが、お花の業界でも起きているのです。

このフラワーロス問題を解決するためと、あとは市場(マーケット)からの直送のお花を提供できないか、ということでJFGのECモール開発を手掛けることになりました。

もう一つ、「ドリームコンパス」というサイトは、僕とトゥエンさんの共通ビジネス仲間でキャリアウィン(横浜市西区)さんという会社があります。その会社さんが、人と人を結び付けたい、とくに「経営者同士を結び付けるサイトを作りたい」という考えをお持ちで、その思いを実現するために立ち上げたのが、「ドリームコンパス」というサイトです。

各専門家が登録して、互いに弱みや悩み事を持ちより、サイト内でマッチングして解決していくというようなコンセプトのWebサイトになっています。これに関しては、全部レリパさんの方で作っていただいて、私の方ではディレクションやマネージメントを担当しました。

現在もさらに見積りを取っている最中ですので、今後もキャリアウィンさんの案件は続いていくかと思います。

レリパはスピードが完璧!初めてのオフショア開発は心配していた問題もなくとても順調

ありがとうございました。では、レリパの前に、他でオフショア開発の経験はございますか。

ないです。今回が初めてです。

なぜ今回、日本の企業ではなく、オフショア開発にしようと決めたのですか。

まずはコストの面ですね。あとはその以前にトゥエンさんとの信頼関係があったことです。あとやっていく中で分かったことは、プロジェクトマネージャーのザンさんが、本当に素晴らしい方で、信頼をおけるような対応をしてくれたことが大きく、今後も一緒にやっていけそうだと感じました。

貴社はエンジニアの数は少ないですか。

少ないです。よって、(開発の)スピードを求められると、人が足りないのでできないですね。

初めてのオフショア開発だったわけですが、その前に何か懸念していたことはありますか。

そうですねぇ。こちらが作った資料の内容がちゃんと伝わるかどうかが、心配でしたね。

というのも、日本独特の風習で、行間を読んでくみ取ることを相手に望んで、細かいところまでしっかりと資料を作っていない場合があって。そこはこちら(日本側)に問題があるのですが・・・上手く伝わるかが、心配でした。

でもそれは、レリパに依頼する前の話ですよね。実際に依頼してみていかがでしたか。何か問題はありましたか。

特に問題はなかったです。でも、一部あったのが、お休みの日程が違う点です。お正月が・・・ベトナムだと旧正月が2月だから、こっちの休みと感覚が違うところが多少戸惑いました。

開発のスピードはいかがでしたか。

完璧!

そうですか。ありがとうございます。日本語の問題は大丈夫でしたか。

支障にはならない程度で、大丈夫でした。

レリパのサービスで満足したのは、どの様な点ですか。

そうですね、打ち合わせは非常にざっくばらんにお話してくれましたので、そこは満足しています。提出していただいた成果物もしっかりとしたものでした。

ただ、強いて言うなら、見積のスピードはもう少し速いと嬉しいかなと思います。

レリパが今後改善すべきだと思われる点はございますか。

プログラムのソースコードの管理で・・・今、GitHubを使ってドリームコンパスのソースコード管理をしているのですが、そこのコメントが日本語だと嬉しいです。今は、英語かベトナム語なので・・・。日本語だと嬉しい。

レリパは成長に欠かせない頼りになる会社!

さて、レリパに連続して2つの案件をご依頼いただいたのは、どの様な理由からですか。

トゥエンさんとの関係からです。いい影響を持っている方なので、トゥエンさんへの信頼のみ、その一択です。

レリパは今後、貴社にどの様なかたちで貢献できると思われますか。

弊社が成長するには、なくてはならない会社だと思っています。我々も、もっと開発をたくさんやっていきたい、でも人がいない。そこでレリパさんと一緒にやっていけると非常に嬉しいなと思っています。

本日はありがとうございました。