BLOG

ブログ | レリパ・オフショア開発コストパフォーマンスNo.1 - Page 16

  • オフショア・ニアショアの違いとは? それぞれのメリット・デメリット

    コストパフォーマンスを意識したシステム開発の委託を検討する際、選択肢としてオフショア開発やニアショア開発というものが挙がってくるかと思います。
    しかし、上記二つの開発方法に関して実際に実施を行ったことがない企業であれば、その二つの違いやメリット・デメリットの比較はなかなか難しいですよね。

  • どっちが良いの?SESエンジニアと正社員

    SES(システムエンジニアリングサービス契約)のエンジニアと、正社員のエンジニア。
    開発リソースを増強しようと考える時、以上の二つの方法のどちらを行うべきか迷ってしまうことはあるでしょう。
    そこでここでは、この二つの契約形態について基本的な違いをご説明した上で、「実際にどちらの方が良いのか?」という疑問に答えていきます。
    もしあなたやあなたの会社が、実際にエンジニアの人手不足で悩んでいるというのであれば、これを読むことによって、その悩みの解決の糸口が見えるかもしれません!

  • ラボ型と請負型についてのご紹介・それぞれのメリット・デメリット

    オフショア開発を検討する際に、よく悩みの種となるのが「ラボ型契約」にするのか、それとも「請負型契約」にするのかという問題ではないでしょうか。

    そこでここでは、ラボ型契約と請負型契約の契約形態についてお話をした後、それぞれのメリットとデメリットをご紹介して、あなたのより良い選択をサポートしたいと思います!

  • SES(システムエンジニアリングサービス契約)とは?SESのメリットとデメリット

    今これを読んでいるあなたは、SESという言葉を知っているでしょうか。
    これからオフショア開発などの、開発業務委託を検討する際、このSESという言葉やその意味・メリットを知っておくことは、事前知識として大切なものとなってきます。
    ここでは、SESの意味からそのメリット・デメリットまでを一貫してご紹介させていただきますので、是非参考にしてみてください。

  • ラボ型開発のメリット?なぜラボ型を選んだほうが良いのか?

    オフショア開発を検討する際、検討すべき観点の一つとして挙げられるのが「契約形態」という部分かと思います。
    そこで今回は、ラボ型開発という形について、そのメリットや選ぶべき理由、向いているプロジェクトの特徴などをご紹介させていただきます。
    ラボ型開発という言葉について、少し耳にしたことがあるというあなたも、これを読めばきっとそのメリットや良さが分かると思いますので、是非参考にしてみてください。

  • オフショア開発のメリット・デメリット

    国内のITエンジニア不足を解消する有効な手段として、現在注目を集めている「オフショア開発」ですが、もちろんこれにはメリットだけでなく、デメリットも存在することは確かです。
    オフショア開発を検討している方にとっては、ただメリットのみに注目するのではなく、しっかりとデメリットも認識をした上で発注をかけることで、しっかりと利益の上がる開発ができるかと思いますので、ぜひ以下のメリットとデメリットを参考の上で実際のビジネスを進めていってくださいね!

  • オフショア開発の進め方:アジャイル型か?ウォーターフォール型か?

    オフショア開発のプロジェクトを進めるにあたり、その開発スタイルとして「アジャイル型を取るか、ウォーターフォール型を取るか」という点は、多くの担当者が迷ってしまうポイントなのではないでしょうか。

    小さなサイクルを繰り返すアジャイル型と、計画に従って大きな流れで進めていくウォーターフォール型では、それぞれ特徴が異なり、「オフショア開発にはどちらが向いているのか」を把握していなければ、実際の開発の際に迷ってしまうこともあるはずです。

  • オフショア開発の進め方:プロジェクトの開始から終了まで

    今後、オフショア開発によってシステム開発やプロダクト開発を進めていこうとしているあなたにとって、「オフショア開発がどのように進んでいくのか」という開発フローは非常に気になる点となるでしょう。
    そこで今回は、オフショア開発プロジェクトの開始からその終了までの一連の流れをお伝えし、あなたのオフショア開発に対するイメージをより具体的にするサポートをさせていただきます。

  • オフショア開発:失敗事例と予防策をご紹介

    日本のエンジニアではなく、海外のエンジニアに開発を委託するオフショア開発は、その特徴から「本当にトラブルなくプロジェクトを進められるのか?」という不安が付きまとってしまいがちです。
    また、過去オフショア開発に取り組もうとして、うまくいかなかったという企業や担当者の話を耳にすることも、もしかしたらあるかもしれません。

  • 日本はITエンジニア不足についてどう解決するべきか? オフショア開発を検討しよう

    今現在、日本ではITエンジニアが不足している現状が有り、これから競争が激しくなるグローバル市場において、取り残されてしまう可能性が大きくなっています。
    ま た 、こうした人材不足の課題から、あなたの会社や部署においても「エンジニアが欲しいけど、どうしても採用できない。」という悩みが多発しているのではないでしょうか。